相撲漫画「火ノ丸相撲」にハマりました

週刊少年ジャンプで連載中の「火ノ丸相撲」がとても面白いです。

私は相撲には全く興味が無いのですが、この漫画は始まった時からとても大好きになりました。

興味があるスポーツよりも詳しく知らないスポーツ漫画の方が楽しめるんですよね。

主人公の火ノ丸がただ強いだけじゃなくて、相撲としては小さすぎる体格で戦っていると言う所がとても魅力的に感じます。

同じ相撲部のメンバーもとても様々なタイプが居て面白いです。

一人で相撲部を守っていた小関信也、そしてその小関さんに対して酷い事をしていた五條佑真。

五條さんは最初は本当に嫌な人だったのでこのように一緒に相撲をやると言う展開にはビックリしました。

他にもレスリング国体優勝の國崎千比路、とても小さくてひ弱な三ツ橋蛍などと言う様々なタイプが居ます。

皆それぞれ得意なスタイルが違うので同じ相撲でも色んな戦い方があるんだなと楽しめます。

中でも特に小さな三ツ橋蛍の試合はとてもグッと来ました。

相撲という漫画にするには難しそうな競技をとても楽しませてくれるので毎週楽しみに読んでいます。

楽しみな漫画と言えば、鳩こんろの女の子が落ちた先は俺の息子の先っぽでしたもHで面白くていいですね。

Hに積極的な女の子とツンデレな大家さんとのハーレム同棲生活が最高です。